夜のドバイオールドスークを歩く【ドバイ/UAE】(2019年) 

スポンサーリンク

 アラブの雰囲気が漂う賑やかな風景を期待して、ドバイオールドスークにやってきました。スークとはアラビア語で市場のこと。ここはドバイ旧市街バールドバイ地区、ドバイクリークの水辺に沿ったエリアに広がるスークで、布製品を扱う店が多いのでテキスタイルスークとも呼ばれているそうです。 

夕暮れのクリークを木造ボート「アブラ」での水上散歩を楽しみ、下船したバールドバイ船着き場の目の前にドバイオールドスークの入り口がありました。屋根のついたアーケードになっているので雨が降っても安心です。もっとも、ドバイでは雨が降るのは年に数回程度らしいので、そもそも雨の心配はほとんどないわけですが。

f:id:nikonikotrain:20201020000916j:plain

路地に入ると店頭に山盛りの揚げ物を並べた店があり、めくるめくキツネ色世界の誘惑によだれをたらしそうになりますが、今夜はあとでしっかり食堂で夕食を食べたいと思っているので、ぐっとこらえて先に進みます。

f:id:nikonikotrain:20201020000921j:plain

テキスタイルスークの呼び名の通り、布製品を扱う店が多いようです。店頭で呼び込みをする兄さんが歩く私の頭に突如スカーフを乗せ、「ほら、似合うぞ、買うべし!」と購入を促したり、「握手!握手!」としきりに握手を求めてきて、応じたが最後、強く握った手を引っ張り自分の店に立ち寄らせようとしたり、なかなか強引な勧誘がアラブの市場っぽい。適当にあしらえばしつこくまとわりついてくることもなかったので、これも地元の人との交流と思えば楽しいものです。f:id:nikonikotrain:20201020000926j:plainf:id:nikonikotrain:20201020000935j:plain

f:id:nikonikotrain:20201020001005j:plain

 スパイスを売る店もありました。ここ、ドバイオールドスークはテキスタイルスークと呼ばれ、クリークの対岸にあるデイラオールドスークがスパイススークと呼ばれているとのことですが、テキスタイルスークでもスパイスは売られていました。

それぞれ何のスパイスなのか気になるので店員さんに聞いてみたくなりますが、立ち止まって店先を眺めているだけであれこれ話しかけられて応対が面倒なのに、こちらから質問などしようものなら熱いセールストークが買うまで延々続きそうなので、さっと眺めるだけにしておきます。

f:id:nikonikotrain:20201020000945j:plain

f:id:nikonikotrain:20201020000949j:plain

f:id:nikonikotrain:20201020000959j:plain

スークの路地から水辺に出るとアブラの船着き場がありました。先ほど乗ったCR1ルートのアブラではなく、CR2ルートのアブラの乗り場、ドバイオールドスーク船着き場でした。対岸からアブラに乗ってここに着くといきなりスークのど真ん中という状況、買い物客には便利なことで、観光客には楽しいことです。

西の空にはまだわずかに赤みが残っていました。

f:id:nikonikotrain:20201020001009j:plain

f:id:nikonikotrain:20201020001014j:plain

船着き場の目の前にも雑多な店が並んでいます。アブラの乗客が沢山通るのでこのあたりは売上が良い一等地なのかも。

f:id:nikonikotrain:20201020001018j:plain

f:id:nikonikotrain:20201020001023j:plain

f:id:nikonikotrain:20201020001028j:plain

 モスクの塔が見えてくるとスークはおしまいです。ドバイオールドスークはそれほど広くはなく、まっすぐ歩けば長手方向の端から端まで10分もかからないかもしれません。

f:id:nikonikotrain:20201020001037j:plain

 モスクの先にはドバイで現存する一番古い建造物と言われるかつての要塞があり、博物館になっています。興味があったのですが空腹と喉の渇きのほうが勝り、外から眺めるだけとなりました。

f:id:nikonikotrain:20201026022140j:plain

通りがかった食堂で夕食。たくさん歩き喉が渇いたので冷たいビールを一杯、とやりたいところですが、ドバイでは街中の食堂では酒類は飲めないので、ホテルのバーまで我慢です。

f:id:nikonikotrain:20201020000603j:plain

 テキスタイルやスパイスのカラフルな眺めと行き交う人々の活気が魅力のスークは、昔から変わらぬだろう市民の営みを感じさせてくれる、魅力あふれる場所でした。

 

2019年9月