鉄道

今はロマンスカーミュージアムに保存 昔のロマンスカーが最新ロマンスカーと並んだ小田急ファミリー鉄道展2019【海老名市/神奈川県】(2019年)

2021年4月19日、神奈川県の海老名駅に隣接した場所に小田急ロマンスカーの博物館、ロマンスカーミュージアムがオープンしました。ここには引退した過去のロマンスカー5形式が保存されていて、これらの車両はミュージアムができるまで車両基地などで保存され…

爽快な初夏の風を浴びて 美しい森と渓谷の景色をのんびりと トロッコわたらせ渓谷号の旅 【わたらせ渓谷鐵道/群馬県・栃木県】(2018年)

木々の若葉の色も少しずつ濃さを増し、暖かな初夏の風がさわやかな季節になりました。心地よい風を浴びながら、美しい森と渓谷の景色を楽しみたい!と、トロッコ列車の旅に出かけることにしました。向かったのは、群馬県から栃木県を走るローカル線、わたら…

廃止路線 思い出の終着駅 JR日高本線・様似駅 <2021年3月31日廃止> 【北海道】(2008年)

2021年3月31日 JR北海道 日高本線が部分廃止 静内駅から始発列車に乗って様似駅を目指す 窓いっぱいにひろがる日高昆布の景色 日高本線の終点 様似駅 2021年3月31日 JR北海道 日高本線が部分廃止 2021年3月31日、JR北海道 日高本線の鵡川(むかわ)~様似(…

日本一のいちごの町 いちご狩りとSL列車からのお花見 栃木で過ごす春の休日 【真岡鐵道/栃木県】(2018年)

日差しも暖かくなった春の休日、とれたてのいちごを思う存分味わいたい、と、いちご狩りに出かけることを思い立ちました。我が家の子供たちも、いちごが大好きです。東京近郊でもいちご狩りができるところはいろいろありますが、とちおとめの産地として名高…

渓流の露天風呂と雪の宿場町 冬を楽しむ週末旅行【塩原温泉/栃木県・大内宿/福島県】(2017年)

栃木県北部にある塩原温泉郷は開湯から1200年以上と言われる大変歴史のある温泉地で、「塩原十一湯(しおばらじゅういちとう)」と呼ばれる11地区の温泉地の総称として塩原温泉郷の呼び名があります。源泉はおよそ150本、泉質は6種類あり効能もさまざまとの…

おさるの湯浴みが大人気 かつての花形特急車両に乗って雪景色の温泉へ【長野県】(2018年)

誰もが一度は見たことがあるであろう、雪の中で露天風呂に浸かるサルの写真や映像は、気持ちよさそうに入浴するサルの姿に見ているこちらもほっこりするものがあります。寒い季節、温泉で温まりたいと思うのはサルも人間も同じこと、どこの温泉に行こうかと…

冬の釧路湿原と野生動物を車窓から SL冬の湿原号の旅 【標茶~釧路/北海道】(2019年)

冬はやっぱり雪が見たい、と出かけた1泊2日北海道旅行。土曜日に飛行機で北海道入りしましたが、利用した羽田から根室中標津へのフライトは羽田12:15発 根室中標津13:55着の1日1便だけ。朝はゆっくりできますが、北海道に着いてからのその日の行動は限られて…

伊豆の観光輸送を支えて30年 引退を迎えた花形列車 スーパービュー踊り子号の旅【静岡県】(2019年)

登場以来30年に渡って東京から伊豆へのアクセスの花形車両として活躍してきたスーパービュー踊り子号が2020年3月をもって引退するというニュースを聞き、2019年12月に出かけた1泊2日の伊豆旅行。昨日は185系特急踊り子号、普通列車リゾート21の黒船電車とキ…

引退迫る特急車両でアクセス 多彩な列車で楽しむ伊豆急行線の旅 【静岡県】(2019年)

風光明媚な景色と温泉、そしてうまいもの。旅の醍醐味の代表格が3拍子揃っていて、東京から列車で2~3時間と旅らしさを感じるにも程よい距離の伊豆は、言わずと知れた人気の観光地です。 伊豆半島には、熱海から半島東部の海岸線をたどり、伊東を経て下田へ…

子連れも安心の個室寝台 寝台特急「サンライズ出雲」の旅 【東京~出雲市】(2020年) 

かつて日本の夜の移動を支え、大都市と地方都市を結び数多く走っていた寝台列車も1990年代ごろから相次いで廃止されてゆき、現在走る毎日運転の夜行列車はサンライズ瀬戸・出雲だけとなりました。サンライズ瀬戸は東京~高松(香川県)、サンライズ出雲は東…